1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【重要】2019年度優勝チーム決定&賞金100万円について

【重要】2019年度優勝チーム決定&賞金100万円について

重要なお知らせです

2019年秋台風で2レース中止となりました。
https://tour-de-fukushima.com/hanawa-end-point-20191213/
2019年度全7戦で競うということで、昨年はなわ終了後に上記URLや画像の通り
2019年の優勝チームと賞金100万円は、第1戦2019年4月かつらおと、第2戦磐梯熱海スカイラインヒルクライム(表彰式は5月31日に行う)と記しておりました。

ところが、2020年度昨年の台風に続き「コロナウィルスの影響で」第1戦かつらおは延期、第2戦磐梯熱海スカイラインヒルクライムは中止となりイナーメ信濃山形など、年間優勝を競うチームに対して明確な記載が出来ておらず申し訳ありません。以下に明記いたしますので、イナーメ信濃山形、LinkTOHOKU、中央大学、FROG喜多方サイクリングチームなど上位ランクチームは必ずご確認をお願いいたします。

【2019年度の決定方法】
今月末、ようやく今年初戦のツール・ド・かつらおが制限がある中で開催されます

2019年の6戦目として6月27-28日(葛尾村)締め切りは6月20日 開催は決定です
https://tour-de-fukushima.jp/event/katsurao/

2020年度のその他の状況
(7/11小野町)どうやら準備が整わなそう
(8/23田村市のあぶくま洞)どうやら開催できそう(6月15日に判明)
(9/13裏磐梯スカイバレー)事務局が開催方向で動いていますがまだわからず
(11月)ジロ・デ・シラカワ まだわからず
(11/15)塙町は開催決定 ※ツールドおきなわが開催できない場合は 11/8 で「決定」

という状況ですので ツール・ド・かつらお と 2019年のチーム優勝決定を次レースとして「8月23日あぶくま洞」を想定していますが

(ケース1)
現時点ランキング1位のイナーメ信濃山形が、ツール・ド・かつらおで大量にポイントを獲得し、2位以下のチームが逆転の可能性がない場合、ツール・ド・かつらおで2019年総合優勝とする。

(ケース2)
ケース1で勝敗がつかなかった場合、最終レースは8月23日あぶくま洞となるが、全日本選手権が開催されればかぶる可能性が高い。そのため最終レースはその時点でランキング1位のチームに最終レースを2レースから選ぶ選択権を与える。「8/23あぶくま洞ヒルクライム」または「11月15日ツール・ド・はなわ」どちらを選んでも良い ※裏磐梯スカイバレー、ジロデシラカワはまだ開催未定のため除外とする。

開催スケジュールがコロナウィルスで不確定要素があるため、上記ケース1または2で定めることを参加チームはご了承ください。チーム内にもご周知のほどよろしくお願いいたします。

【2020年度の各レースチーム優勝】

https://tour-de-fukushima.jp/rule/
ルールに記載の通り、2019年度のように年間総合ではなく各レースごとに行う。
レース終了後にチーム戦参加用紙にチーム上位3名の順位を記載して受付に提出すること。

かつらお、またはあぶくま洞などは 2019年の対象レースともなるが、2020年度のかつらおの優勝チーム、あぶくま洞の優勝チームともなる 例:イナーメ信濃山形がかつらおで優勝だった場合 2019年度のポイント加算の他、2020年度のかつらお優勝チームとなる(Wで対象となる)

お知らせ

お知らせ一覧