1. HOME
  2. お知らせ
  3. 7/3-4 第2戦磐梯吾妻スカイラインヒルクライム(クラスと車体重量等について)

7/3-4 第2戦磐梯吾妻スカイラインヒルクライム(クラスと車体重量等について)

出典:https://mesiblog.com/roadbike-weight/

昨日はフジヒルお疲れさまでした。

7月3−4日 第2戦磐梯吾妻スカイラインヒルクライム(締切は6月23日)
https://tour-de-fukushima.jp/event/bandaiazumaskyline-hc-2021/

規制紙面も準備し開催に向けて進めております。

ツール・ド・ふくしまシリーズ 市民レースではありますが将来につながるよう車体重量は6.8kgとしています。

RULE

しかし、コロナ禍の「今年において」は数少ない公道レースを楽しめるように柔軟に対応します

(1)「車体重量」は問いません ※安全確保できる強度は保ってください。
(2)参考として軽量と思った場合は、運営側で重量を計らせて頂きます(もちろん失格等にはなりません)
(3)参加クラス アスリートクラス、年代別(今年は自己判断にてOK)

※初回ゆえ、年代別と車重別のタイムがまだありません。今回はそのデータ取得も含めて制限を設けません。

その他(次年度検討事項)
(A)車載カメラはOKとしています。ヒルクライム(HC)とタイムトライアル(TT)は
次年度よりカメラを込みで6.8kg(軽量バイクにカメラ重量で調整OK)を想定しています。
また、ヒルクライムのみアスリートクラスは車重制限なしも想定

(B) 参加クラス クラス1の選手はアスリートクラスでの参加となりますが、年齢が高い方は不利になります
自転車のマスターズ(35歳以上)は、年代別に参加も可能(ただし1回でも入賞した場合は次回はアスリートクラス)

次年度ルールに(A)と(B)は改定で加えることを考えております。

(C)フジヒルのプラチナ、ゴールド、シルバー、ブロンズ(フィニッシャーリング)
来年へつながる大変良い仕組みだと思います。

磐梯吾妻スカイラインにおいては、金・銀・銅の3種類として同様に何かを考えます

・ステムキャップ
・開催地がこけしが有名なので 金のこけし、銀のこけし、銅のこけし
・赤べこ ※もはや赤べこでなくなってしまいますが 金のべこ、銀のべこ、銅のべこ

など、頑張った証を考えます。アイデアございましたらお知らせください!

お知らせ

お知らせ一覧