PARTNERS

パートナーズ

ツール・ド・ふくしま

の活動をサポート頂いている企業・法人等をご紹介しています

塙町サイクルツーリズム推進協議会

塙町サイクルツーリズム推進協議会(事務局:塙町役場/福島県東白川郡塙町)は、官民一体となった自転車活用推進を目的とし、観光庁が開設したランナーズインフォメーション研究所(所長:高橋尚子・シドニーオリンピック金メダリスト)が認定するサイクリングコース『三角形の道(福島県東白川郡塙町の山間部を巡るコース。推薦者:千葉学・サイクリスト/東京大学大学院教授)』の周辺住民と塙町に、福島県内の行政組織や民間団体などが構成員となり、令和元年8月に設立された。
コースは比較的交通量も少なく四季折々の自然とともに、三角形の三辺それぞれの道が違った表情を見せるのが魅力である。コース内には温泉宿泊施設もある。
同年11月には同協議会が主催となり、同コースをめぐる『ポタリングはなわ』【ツール・ド・はなわ】が開催されサイクリング・レースとともに美しい紅葉や渓谷を楽しんだ。

https://www.runnersinfo.org/road/cycle/004/

一般社団法人葛尾むらづくり公社

一般社団法人葛尾むらづくり公社は、葛尾村が東日本大震災及び原子力災害による長期にわたる避難からの復興に取り組む中、村民が主体的に活躍、交流できる機会や場の提供などを通じて、人と人を「繋ぐ」役割の中核を担い、村民の絆を維持するとともに地域資源を活かして新たなにぎわいと活力を創出し、交流人口の拡大と地域活性化を図ることにより本格復興の加速と魅力あるむらづくりに寄与することを目的として設立しました。自然豊かな葛尾村で、むらづくり組織として村と共に車の両輪となって、限られた資源を効率的に活用した村の魅力を発信し、村民の生活環境を支える重要な役割を担う活動を行っています。その一環として、野行地区を除く村内の避難指示が解除され「福島民報杯」の冠を受けて本格ロードレース大会として始まった自転車ロードレース「ツール・ド・かつらお」の運営の事務局を担っています。自転車ロードレースをきっかけとしてできた多くの方々との繋がりを大切にすべく日々取り組んでいます。

一般社団法人葛尾むらづくり公社

NPO法人小野自然倶楽部

小野町を中心とした田村郡地域とその周辺の子どもたちに対して、地元での森林体験学習の機会を提供する事業を行い、地域の自然環境保全の意識を子どもたちが引き継いでいけるように手助けすることを設立の目的とする。最近ではオフロード専用コースを造成し自転車活動に特に力を入れているNPO法人

https://www.sbaa-bicycle.com/sbaa_sp/m_course/ono.html

OFFICIAL PARTNERS