RULE

ルール&レギュレーション

ツール・ド・ふくしま競技規則

ツール・ド・ふくしま全シリーズ共通の競技規則です

ツール・ド・ふくしま競技規則2020

UCIのロードレース競技規則を基本とします。ライセンス所有を問わない誰もが参加できる市民レース。車体は6.8kgですが、100gの誤差は折込み6.7kgを下回らないことは「必須条件」とします。※特にヒルクライムレースに軽量特化した機材で来る方がいますのでスタッフが抜き打ちでチェックし違反した場合は記録なしとなります。※20200219 誤差100gを折込み6.7kg以上に改定

クラスについて

各カテゴリーの年齢規定は、2020年12月31日までに達する年齢を用いる

基本の実力別クラスを6区分とする

・クラス1 JBCF P,E1,E2、市民レース優勝クラス
・クラス2 JBCF E2~E3、市民レース入賞クラス
・クラス3 JCF、JBCF登録者は参加できない 誰もが楽しめる普及クラス(JCF登録でも CX・TRのみ参加などRR以外はOK)
・クラス4 レース参加経験が少ないまたは入賞経験がない方 本当のビギナークラス(50歳以上は入賞経験があっても参加可)
・ジュニア 10~14歳 将来への育成クラス(自信があるジュニアはクラス1~4へ参加可も可(Wエントリ可))
・女子   JCF、JBCF登録や年齢・経験を問わない

【ジロ・デ・シラカワ】
・A1 チャレンジ中学生→ジュニアと置き換える
・A3 オープン女子→女子と置き換える
・A4 U34 クラス2・3・4混在で34歳以下で競うと置き換える
・A5 U49 クラス2・3・4混在で35-49歳で競うと置き換える
・A6 O50 クラス2・3・4混在で50歳以上で競うと置き換える
・A7 エリート クラス1と置き換える
※A4~A6はクラスを問わず3位まで昇格とする。

【ヒルクライムレース】
・アスリートクラス→クラス1と置き換える
・ロードレーサー男子A(中学生~24歳)
・ロードレーサー男子B(25~39歳)
・ロードレーサー男子C(40~49歳)
・ロードレーサー男子D(50~59歳)
・ロードレーサー男子E(60歳以上)
・ロードレーサー女子→女子と置き換える
レースにより75kg以上クラス、選抜クラスを別途儲ける場合があり、それらと年代別男子A~Eは 年代別で走り1位の選手のみ昇格する。

昇級・降級規定

原則としてツール・ド・ふくしま新規参加者はクラス4からスタートとする。JCF、JBCF登録者はクラス2からスタート可とする。2019年度初級クラス参加経験有の選手はクラス3からスタート可とする。シーズン中に2回DNFとなった場合、次のレースから降格する。

クラス2・3については年代別で表彰を行う
(U34:34歳以下、U49:35-49歳、O50:50歳以上)年代別3位まで計9人昇格する
クラス4については年代別を問わず6位まで入賞(クラス3へ昇格する)

個人総合規定

年間個人総合を競うレースとする(2019年度はチーム戦がメインから2020年度は年間個人総合がメイン)

レースランク

レースランク 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7〜10位
クラス1 140 120 100 70 60 50 40
クラス2 100 70 60 50 40 30 25
クラス3 70 60 50 40 30 20 15
クラス4 60 50 40 30 20 10 5

クラス1~4のレースランクに応じて各レース10位までポイントが与えられます。

レースにより「スプリント賞、山岳賞」ジャージがある場合もある。

  • スプリントポイントを設ける場合 中間・ゴール着順 1位 6P 2位 4P 3位 2Pを付与する
    スプリントポイント合計トップの選手にスプリント賞ジャージを授与する
  • 山岳ポイントを設ける場合 中間・ゴール着順 1位 6P 2位 4P 3位 2Pを付与する
    山岳賞ポイント合計トップの選手に山岳賞ジャージを授与する

※各カテゴリのレース終了後にジャージ授与式を行います。
(1)クラス1の選手
(2)マスターズ(45歳以上と定義)クラス2・3・4で獲得ポイント1位の選手※クラス1参加選手はマスターズから除外する

各レース終了後 クラス1とマスターズの選手に総合ジャージを授与(総合ジャージ所有者は次戦招待となる)

チーム戦賞金規定

2020年度は 参加者の強い要望により
「各レースごとにチーム戦優勝賞金10万円を授与する」第1戦、第2戦、第3戦~と各シリーズ終了毎に実施。
2daysのレースは 2日目のレースで実施する(2日間参加は問わない)個人総合は7戦ツール・ド・はなわ終了時に実施。
※チーム戦は、WEBエントリー時に必ずチーム名を揃えること(揃えていない場合は対象外とする)

算定にあたっては チームで3名以上参加でチームで上位3名の着順が少ないチームを優勝とします

(一例 優勝を上位成績3名のA・B・Cチームがあったとする)

2位 Aチーム 1・3・4 = 8ポイント(1位はクラス2での優勝)
3位 Bチーム 1・2・6 = 9ポイント
1位 Cチーム 1・3・4 = 8ポイント(1位はクラス1での優勝)

※同ポイントの場合 クラスが高い選手(この場合クラス1の優勝がいるCチームが優勝)
→全レース終了後、チーム代表者が 受付に指定用紙に BIB・クラス・名前・順位 を書いて提出してください。表彰式の最後にチーム戦優勝を発表します。

2019年の総合表彰は 第2戦5月31日(日)に実施予定でしたがコロナウィルスのため磐梯熱海スカイラインヒルクライムが中止となったため8月23日あぶくま洞HCか11月15日ツール・ド・はなわとする

エントリー方法

GICZによるWEBエントリーのみ 但し開催地の事務局が現地受付が可能な場合は 事務局受付も可とする。受付は全レース当日受付が可能。
競技に必須な項目は(1)名前、(2)ふりがな、(3)チーム名 (4)JCF・JBCF登録者の場合ライセンス番号 (5)申込みクラス (6)年齢(年代カテゴリ)

中止時の対応

2019年10月台風のため2大会中止となりました。連続2大会中止になることは想定しておらずツール・ド・ふくしまシリーズとしての対応もバラバラでしたため規定を定めました。災害・悪天候など中止の際には「払い戻し」は行いません。しかし、選手の機会損失につながらないよう、また福島(開催地)を訪れて欲しいという願いをこめて「他のレースに参加権利を振替」とします。他のレースエントリー時に 備考欄に○○大会のゼッケンXXです。振替として参加しますと必ず記載ください。※開催するしないに関わらず費用の7~8割は既にかかっていることは参加者の皆様もご理解ください。