1. HOME
  2. 特集
  3. ツールドふくしま2022年全7戦スケジュール

SPECIAL

特集

ツールドふくしま2022年全7戦スケジュール

コロナウィルスや3月福島沖地震による走行環境が整わずなど影響は受けており、日程が変更などもありましたが、2022年度福島県内公道レース全7戦にて行います(※只見町や平田村なども追加になる場合もあります)リリースが遅くなり大変申し訳ありません。

JBCFなど既存のレースと極力かぶらない日程としました。1年を通じて、好きな種目で、好きなタイミングで自転車を通じて福島に足を運んでいただければと

第1戦 5/28-29 磐梯吾妻スカイラインヒルクライム2days 種目:RR 開催地:福島市
https://tour-de-fukushima.jp/event/2022-bandai-azuma-skyline-hc-2days/

土曜日高湯温泉側、日曜日土湯温泉側の2日間開催のヒルクライムレース
こちらはエントリー受付中で5月16日締め切り予定。

第2戦 7/24(日)小野こまちロードレース 種目:RR 開催地:小野町
1周12kmの公道ロードレース。個人RRとTTがあります。

第3戦 8/28 ツールドはなわ 種目:RR 開催地:塙町
1周約8kmアップダウン(パンチャー向き)のロードレース。例年秋開催でしたが、2022年度は8月28日予定と主催塙町より連絡をいただきました。

第4戦または5戦 9月予定 ツールドかつらお2days 種目:RR/TT 開催地:葛尾村
2日間で11kmコース、個人TT、28kmコースでの総合を競うステージレース。単体レースの参加も可
https://tour-de-fukushima.jp/special/7th-katsurao-report/ ※前回のレポート 3月地震により補修を進めたが安全確保ができないため延期。事務局として東日本地区のJBCFのレースがないため9月3-4日でどうかと補修状況を踏まえ調整している。

第4戦または5戦
あぶくま洞ヒルクライム 9/11(日) 種目:HC 開催地:田村市滝根町
1日で性質の異なる2コースを走り、合計タイムで順位を競うレース。地元のおもてなしと応援が熱いイベントです。

第6戦 ツールドならは 10/1(土)種目:RR 初開催:楢葉町
1周約5km 楢葉町天神岬スポーツ公園を発着とする、沿岸部と竜田駅前など町中を走るコース

第7戦 駅前クリテリウム 10月23日 種目:クリテリウム 場所:開催地の情報解禁待ち

その他、泉崎競技場でのトラックレースを盛り込む予定

2021年末に、長年市民レースを盛り上げて頂いたJCRCが解散となりました。
https://www.cyclowired.jp/news/node/357815

JCLおよびJBCFはプロ化への活動を進めています。また、対局にある誰もが気軽に参加できる市民レースの受け皿はなくすべきではないと考えております。ツールドふくしまのランク制度はレベル差が大きすぎると声が多かったため、JCRCのシステムをベースに、公平かつ脚力が揃った中で楽しめるように制度を変更します。

A・B・C・D・Eの5段階、そこにW(女性)、M(50歳以上)、K(キッズ)で統一
B~Eにおいては6位まで昇級。パンク等を除きシーズン中2回DNFとなったものは降級を基本(参加目安は別途お知らせします)

(1)初参加及び脚力振り分けクラスXクラスも導入する案
(2)ヒルクライムは年代別で表彰とするが、昇級は年代を問わずクラス上位6名とする案

についても、改めてご連絡差し上げます。